クランタン州、鳥インフル大流行中を宣言

マレーシア・クランタン州政府は15日、緊急会議での討議を踏まえ、鳥インフルエンザウイルス「H5N1」の感染が同州内で急激に広がっている状態にあると宣言した。国営ベルナマ通信が伝えた。

今月6日に感染が確認されたコタバル南部トゥンジョンのカンポンプラウテブ地区を皮切りに、州都のコタバル、パシルマスで症例が見つかり、さらに、バチョクのカンポンドゥスンドリアン地区、パシルプテのカンポンブキメルバウ地区などの地域にも被害が拡大していることが分かったという。コタバルは最も影響を受けており、農村部18カ所で感染がみられた。

同州政府の農業・農業関連産業・バイオ技術・環境技術委員会のチェ・アブドゥラー委員長によると、これまでに2万3,768羽のニワトリが殺処分され、881個の鶏卵が廃棄された。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・薬品農林・水産社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

観光税、外国人狙い打ちの打撃懸念 国内業界は現地人免除を受容ムード(07/28)

RM=26.0円、$=4.27RM(27日)(07/28)

世帯への電気代補助、見直し必要=エネ委(07/28)

ペトロナスの加LNG事業撤退、市場は支持(07/28)

トップグローブ、コンドーム新工場に7500万リンギ(07/28)

MMC、港湾部門上場は19年前半までに(07/28)

エアアジア、来年に域内2国の傘下企業上場(07/28)

イスラム教徒向け巡礼便、今年の運航を開始(07/28)

マ航空CEO、社内で後継候補6~7人選出(07/28)

私立病院協会、政府に患者減少対策を要請(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン