17年成長率予測2.3%に=金融庁調査

中央銀行に当たるシンガポール金融管理庁(MAS)が15日発表した最新の民間エコノミスト調査によると、2017年の経済成長率見通し(中央値)は2.3%となり、前回調査(16年12月)時の1.5%から上方修正された。1~3月期の成長率見通しは前年同期比2.6%で、やはり前回調査時の1.3%から引き上げられている。

MASは3カ月ごとに民間エコノミストによる経済見通しの調査を実施。今回は23人から回答を得た。

通産省が2月に発表した16年10~12月期の実質国内総生産(GDP)成長率(改定値)は前年同期比2.9%となり、MASの前回調査時の成長率見通し(0.8%)を大幅に上回った。16年通年の成長率も、予測の1.4%より0.6ポイント高い2.0%となっている。こうしたことが、今回の調査の結果に影響したとみられる。

17年の成長率見通しを業種別に見ると、製造業が4.5%で、前回調査時の1.1%から上方修正された。一方、建設は2.4%から0.3%へと大きく引き下げられた。ホテル・外食産業も1.7%から1.3%に下方修正されている。

輸出(石油と再輸出を除く=NODX)の伸び率の見通しは0.3%から6.1%へと大幅に上方修正された。半面、民間消費は1.5%から1.1%に引き下げられている。

18年の成長率見通しは2.4%となっている。

17年のインフレ率見通しは1.0%で、前回調査時から変化はない。コアインフレ率(運輸や住宅など、政府の政策の影響を受けやすい項目を除外したインフレ率)は、1.3%から1.5%に引き上げられた。17年の失業率の予想は前回調査時と同じ2.4%だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:赤道直下のシンガポール…(01/24)

12月消費者物価は0.4%上昇 17年通年は3年ぶりプラス(01/24)

下半期の物価上昇率0.5%、所得下位層はマイナス(01/24)

通産省と仏政府、技術革新の連携強化確認(01/24)

新菱冷熱、MRT新線駅舎の空調設備など受注(01/24)

ジャムコ、シンガポール航空機にシート納入(01/24)

空港利用者数、17年は過去最高の6220万人(01/24)

不動産情報サイト99.co、インドネシア同業買収(01/24)

STエレ、スマートセンサー網を80億円で受注(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン