豪最大規模の太陽光発電、VICとQLDに

オーストラリアの再生可能エネルギー開発業者のエディファイ・エナジーは、クイーンズランド(QLD)州とビクトリア(VIC)州で国内最大規模の太陽光発電所3基の建設を計画している。同社はこのほど、連邦政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)やコモンウェルス銀行(CBA)などから総額2億3,000万豪ドル(約199億7,000万円)の資金を調達した。VIC州クラン近郊のギャナワラ(Gannawarra)太陽光発電所の建設は5月にも開始する見通し。14日付地元各紙が伝えた。

太陽光発電所の建設計画はエディファイと、再生可能エネルギーへの投資を行う独ヴィルソルによるもので、3基を合わせた発電容量は165メガワットで、8万7,000世帯分の電力を供給可能という。

ギャナワラの太陽光発電所は327エーカーの土地に建設され、約17万5,000枚の太陽光パネルを設置。VIC州のダンブロシオ・エネルギー相は、大規模な太陽光発電所としては同州で初となるギャナワラの施設が2018年末までに建設を終え、トラム(路面電車)400台分の電力を供給することになると述べた。

太陽光発電所は、ギャナワラのほかには、QLD州のウィットサンデーとハミルトンに建設される予定で、発電容量はギャナワラが50メガワット、残りの2基が57.5メガワット。


関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の薬局の前に「イン…(04/26)

メルボ市圏、8年で人口最大 増加率国内最速、500万人突破へ(04/26)

1Q豪CPI1.9%上昇、市場予測下回る(04/26)

関電、豪企と消費者間電力取引実験を開始(04/26)

日本の官民コンソ、豪水道企を中国企へ売却(04/26)

政府、中国系企にガス掘削資金600万$承認(04/26)

FMG、対中国以外の鉄鉱石輸出量を拡大(04/26)

〔政治スポットライト〕ハリス司令官、駐豪から駐韓大使に変更(04/26)

政府系造船ASC、近く200人強解雇へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン