【日系企業がゆく】日本料理食材売り込め 西本連合食品商貿(上海)、中国市場を開拓

日本料理の調理に用いる食材の卸売りを手掛ける西本連合食品商貿(上海)。米国向けの販売に強みを持つ同社が現在力を入れているのが、中国市場の開拓だ。現地では健康志向の高まりなどから日本食レストランが人気を集めており、巨大化するマーケットでの販売拡大に向けて奮闘して…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:鶏が先か、卵が先か――…(08/13)

鴻海、3Qは2桁減収へ コロナからの完全回復はまだ(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

飲食の浪費抑制運動を展開へ 習氏「重要指示」、立法化も(08/13)

鴻海系FII、2Q純益が2割増(08/13)

今年のNEV販売110万台へ、自動車工業協会(08/13)

次期立法会は10月半ば開会、初日に施政報告(08/13)

サービス貿易の発展推進、28地域で実施(08/13)

香港製品は「中国製」と表示、米が義務付け(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン