• 印刷する

【Aのある風景】母校と中華街への想い、音楽に乗せて

11月下旬に横浜・関内のホールで、約2時間のコンサートが開かれた。主催と出演者は大陸系の中華学校である横浜山手中華学校の卒業生たちで、日本の音楽大学でクラシックを学んだ華僑が中心だ。

出演者は26人で、年齢層は現役学生の20歳代から80歳代まで。西洋、日本、中国の楽曲を、ピアノやバイオリンの演奏、独唱、合唱で披露する。それぞれが学んだクラシックのほか、自分たちのルーツのある中国の歌曲に親しんでもらうのが目的だ。

会場には、学校の同窓生やその家族、友人など約200人が訪れた。

コンサートは1998年からほぼ毎年開かれ、今年で18回目。本来は、山手中華学校の創立100周年を記念した行事だったが、定例化した。

初回から出演し続け、現在は同校の中学部で音楽を教える女性の羅順英さんは、「私は、自分の祖母にあたる世代の女性たちに恩返しがしたかった」と話す。

1952年、人災により学校は分裂に追い込まれ、生徒たちは多数の同胞の家に分散して授業を受けていた時期があった。「今の山手中華学校があるのは、当時の中華街の女性が子供たちを守ってくれたから。中国の昔の曲で、そのおばあちゃんたちに懐かしんでもらいたかった」

その「おばあちゃん世代」の多くは既に亡くなってしまったが、コンサートはいつの間にか、世代を超えた卒業生や在校生の交流の場としてすっかり定着している。「コンサートの開催や運営はなかなか大変だけど、まもなく創立120周年も迎えるので、それに見合うようさらに頑張っていきたい」と羅さんは笑った。

コンサートは、世代を超えた同窓生の交流の場となっている。終演後には、来場者が出演者と談笑したり、写真を撮ったりしていた。

コンサートは、世代を超えた同窓生の交流の場となっている。終演後には、来場者が出演者と談笑したり、写真を撮ったりしていた。

※このウェブサイトの新特集「Aのある風景」は、アジアを横断的かつ深く掘り下げる、NNA倶楽部の会員向け月刊会報「アジア通」2016年12月号<http://www.nna.jp/lite/>から転載しています。毎月1回掲載。


関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(20:42)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

テイクオフ:1人の大蔵省(現財務省…(02/21)

香港市民の訪日旅行に暗雲 新型肺炎影響、3~4月に減少か(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン