• 印刷する

【2016年の10大ニュース】混迷時代の幕開け

今年のオーストラリアは、政治面でも経済面でも、当初の国民からの高い支持率を誇っていたターンブル政権が徐々に色あせていくのを垣間見た年だった。総選挙では辛うじて勝利したものの、手こぎで進む船のように政策が進まなかった。景況感は低調なままで政策金利を上げられない中、不動産価格だけが国民の手が届かない水準まで上昇を続けた。第3四半期の国内総生産(GDP)成長率が、5年半ぶりのマイナス成長となり、2党間支持率でもついに最大野党の労働党に逆転されたことが象徴的と言えるだろう。

10大ニュースとしては、日本が逃した魚はあまりに大きいという意味で、新型潜水艦入札での日本落選を今年の1位とした。環太平洋連携協定(TPP)が絶望的とされる中で、米トランプ大統領就任後の世界で、日豪がどう協調していくのか、来年は特に先行きが見えない混迷した年になりそうだ。

一方、今年のニュージーランド(NZ)は、好調なマクロ経済指標や乳製品価格の改善などを受け、第3四半期(7~9月)のGDP成長率は前年同期比で3.5%増と、低迷する他の先進国を尻目に大健闘した年だった。オークランドで大規模に進むインフラ再開発の数々や、年末のキー首相の突然の辞任など、新しいNZへの期待を印象付けた。

【オーストラリアの10大ニュース】

【第1位】豪の新型潜水艦、日本落選

【第2位】総選挙、保守連合辛勝も新旧首相対立

【第3位】GDP、5年半ぶりのマイナス成長

【第4位】過去最低金利続く、7年ぶりデフレも

【第5位】資源相場復調、関連企業に追い風

【第6位】ディックSやアリウム、業界老舗が破綻

【第7位】SA州で大停電、エネルギー政策論議に

【第8位】中国のインフラ投資に波紋、警戒解けず

【第9位】住宅価格が上昇の一途、政府が介入

【第10位】TPPを絶望視、豪は代替FTA模索

【NZの10大ニュース】

【NZ第1位】キー首相、3期半ばで突然の辞任

【NZ第2位】NZ南島北部で地震、死者2人

【NZ第3位】TPP絶望的、貿易交渉の手緩めず

【NZ第4位】国民投票で国旗変更せず

【NZ第5位】過去最低金利続く、来年は米国次第

【豪州番外編】豪人口2400万人突破

【豪州番外編】訪日豪州人・訪豪日本人が過去最多

【NZ番外編】パナマ文書流出、NZが糾弾の的に

【NZ番外編】NZ人口成長率、50年で最速の伸び

【NZ番外編】海洋保護区決定、南北2カ所で


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(11:38)

テイクオフ:新型コロナの感染を防ご…(05/29)

1Q設備投資、11年ぶり低水準 新型コロナが民間企業直撃(05/29)

信頼される豪ブランドにバニングス、トヨタも(05/29)

豪の渡航解禁先、7月からNZと太平洋諸国か(05/29)

〔政治スポットライト〕NSWとQLD対立、越境合意更新できず(05/29)

連邦制度改革、首長連絡会議の継続次第か(05/29)

〔政治スポットライト〕中国、今度はLNG輸入削減を示唆(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン