【開拓ミャンマー】物売りが法律を売る国

アジア最後のフロンティアとして、日本企業は「新生」ミャンマーへ熱い視線を送る。だが、発足2年足らずのテイン・セイン政権の改革が始まる前からビジネスにかかわってきた企業や駐在員も少なくない。急激な変化と向き合いながら、事業を開拓する姿を追った。【編集委員・今野至…

関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国とのラカイン深海港開発、合弁会社設立(15:31)

スー・チー氏、選挙念頭に離島慰問や式典へ(08/11)

軍系野党の有力議員、総選挙の延期要求(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新たに1人感染確認、累計360人=10日朝(08/11)

ヤンゴン公共バス、88%が運転再開(08/11)

コロナの影響で減少、コーヒー豆輸出(08/11)

マグウェー産ゴマ、日照りで供給不足の懸念(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン