BDO、融資拡大に600億ペソ増資

フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクは26日、株主割当増資で600億ペソ(約1,260億円)を調達すると発表した。消費、中小企業、インフラ関連分野などへの融資を強化する。BDOの貸出金融資産は、過去5年間で年平均成長率(CAGR)が19%と、業界平均の17%を超えるペースで拡大している。

600億ペソの大規模な増資には、政府の金融政策と足並みを揃える意図もある。近年のフィリピン中央銀行は、国内の大手銀行に対して、国際的な新資本規制「バーゼル3」に沿った自己資本比率の強化を求めている。2014年には、経営破たんした場合に国内経済に大きな影響を及ぼす銀行を「国内金融システムにとって重要な銀行(DSIB)」として特定することを発表した。BDOは26日発表の声明で、「(今回の増資を通じて)DSIBの割増金の義務付けに対して、十分なバッファーを確保することになる」と述べている。

16年6月末時点でBDOの自己資本比率(CAR)は13.1%。中核的自己資本比率(ティア1)は11.3%と、当局の規定する水準をそれぞれ上回っている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

タイ食品最大手CPF、比事業を拡大へ(03/24)

タイの食品最大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)は、向こう5年間で20億米ドル(約2,222億円)を投じ…

続きを読む

1月の財政収支、22億ペソの黒字(03/24)

フィリピンの財務省財務局の発表によると、2017年1月の財政収支は22億2,000万ペソ(約49億1,000万円)の黒…

続きを読む

ランドバンク、バーレーンに支店開設検討(03/24)

フィリピンの財務省は、バーレーンにフィリピン土地銀行(ランドバンク)の支店開設を検討している。現地の…

続きを読む

インフラ主力事業55件選定 NEDA、現政権中に実現へ(03/24)

フィリピンのドゥテルテ政権が進める「インフラ整備の黄金時代」実現に向けた動きが加速している。国家経済…

続きを読む

ベネッセ系BPO、マニラに2拠点目(03/24)

ベネッセグループでコールセンターやバックオフィスなどのビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)…

続きを読む

【アジア三面記事】罰金は1千ドル(03/24)

■罰金は1千ドル 行き過ぎたコスプレで騒動を起こしたシンガポールの男性に罰金1,000Sドル(約8万円)が…

続きを読む

通信会社の設備投資率、世界最高水準の25%(03/24)

フィリピンの通信会社による設備投資が活発だ。スウェーデンの通信機器大手エリクソンがこのほど、フィリピ…

続きを読む

政策金利据え置き、物価上昇も管理可能(03/24)

フィリピン中央銀行は23日、金融委員会の政策決定会合を開き、政策金利の翌日物借入金利(RRP)を3.0%に…

続きを読む

23日為替:$1=50.325ペソ(↓)(03/24)

23日のペソ相場は3日続落した。政府公式レートの終値は前日比0.005ペソ安の1米ドル=50.325ペソだった。こ…

続きを読む

アジア企業景況感、比は2四半期ぶり最高(03/24)

米トムソン・ロイターがこのほど発表した2017年第1四半期(1~3月)のアジア企業景況感調査で、フィリピ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン