地場自動車メーカー、新規事業で相次ぎ苦戦

インドの自動車メーカーが、新規事業で苦戦している。複合企業(コングロマリット)ヒンドゥジャ・グループは乗用車事業から撤退。建設機械の合弁会社の清算も検討している。マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は二輪車部門で赤字が拡大しており、アイシャー・モーターズもユーティリティー・ビークル(UV)の販売が伸び悩んでいる。ビジネス・スタンダードが7月29日に伝えた。

ヒンドゥジャ傘下のアショク・レイランドは昨年、日産自動車と合弁展開していた小型商用車(LCV)「スタイル」の製造・販売を終了した。同モデルは日産と仏ルノーが南部タミルナド州チェンナイで共同運営するオラガダム工場で生産していた。

アショクは7年前に米国の建設・農業機械メーカー、ジョンディアと合弁会社を立ち上げたものの、同事業も赤字続きだ。同社は中型トラックやバスなどに強みを持つが、新たに始めた事業は今一つのようだ。

M&Mも2008年に始めた二輪車部門マヒンドラ・トゥー・ホイーラーズ(MTWL)が一度も黒字化していない。MTWLの2015/16年度(15年4月~16年3月)決算は、赤字が75億9,000万ルピー(約117億円)。赤字幅は前年度の55億5,000万ルピーから拡大した。

同社関係者は「経営再建中で、今後は他社と差別化できる分野で勝負する」と述べた。MTWLは向こう数カ月以内に新モデルを投入し、売り上げの上積みを図る考えだ。

インドではこのほか、二輪車ロイヤル・エンフィールドを傘下に抱えるアイシャーが、米車両大手ポラリス・インダストリーズと折半出資で設立した合弁会社を通じて、UV「マルティクス」を販売している。同モデルは昨年度に累計で921台が売れたものの、EBITDA(利払い前・税引き前・償却前損益)は6億1,000万ルピーの損失を計上した。


関連国・地域: インド日本米国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア自動車データ集】二輪販売(260)(03/29)

2017年2月の台湾・インドネシア・フィリピン・インドの二輪車販売 【The Daily NNA 自動車ニュース編集チ…

続きを読む

テイクオフ:「ムンバイ行き?もう出…(03/29)

「ムンバイ行き?もう出発したよ」。デリー空港の搭乗口にいた格安航空会社(LCC)インディゴの男性社員…

続きを読む

世界の石油需要、新興国がけん引 国際エネルギー週間で説明会(03/29)

シンガポールのエネルギー市場監督庁(EMA)は28日、10月に開かれるシンガポール国際エネルギー週間(S…

続きを読む

小米、スマホ販売2位に躍進 売上高は倍増の20億ドル見込む(03/29)

中国の通信機器大手、北京小米科技(小米、シャオミ)がインド進出からわずか3年足らずで同国のスマートフ…

続きを読む

日産、SUV「テラノ」の新モデル発売(03/29)

日産自動車は27日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「テラノ」の新モデルを発売した。2013年10月発売の…

続きを読む

二輪ホンダ、社長兼CEOに加藤氏(03/29)

インドの二輪車大手ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)はこのほど、4月1日付…

続きを読む

豪政府、石炭技術で日本との技術提携模索(03/29)

オーストラリアのターンブル政権は28日までに、連邦政府のクリーンエネルギー金融公庫(CEFC)の資金を…

続きを読む

スズキ、「ブレッツァ」が発売1年で11万台(03/29)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは27日、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ビターラ・ブレッツァ…

続きを読む

現代自、22年までに1300億ルピー追加投資(03/29)

韓国の現代自動車は、2022年までにインド事業に約1,300億ルピー(約2,210億円)を追加投資する。既存モデル…

続きを読む

BS3対応車種、販売時期めぐり論争続く(03/29)

インドで排ガス基準「バーラト・ステージ(BS)3」(ユーロ3に相当)対応車種の販売時期について論争が…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン