• 印刷する

無印が中心部に10号店オープン、カフェ併設

総合雑貨店「無印良品(MUJI)」を展開する良品計画は28日、シンガポール中心部にある複合施設ラッフルズ・シティーに国内10店舗目を開店した。国内2号店となる飲食店「カフェアンドミールMUJI」を併設している。

店舗の総面積は約1万600平方フィート(約985平方メートル)で、小売りスペースと飲食店スペースがそれぞれ約8,700平方フィート、1,990平方フィートとなっている。

新店舗では、衣服のコーディネートを提案するスタイリングアドバイザーやインテリアアドバイザーを置き、客からの相談に対応する。また、カーテンやソファカバー、ラグの素材やデザイン、サイズ、色をカスタマイズできるサービスも提供する。

併設するカフェアンドミールMUJIでは70席を設け、チキン南蛮丼などのラッフルズ・シティー限定メニューのほか、しょうゆやパルメザンチーズ、サンショウで味付けしたフレンチフライといった新メニューも展開する。営業時間は午前10時~午後10時。

良品計画の2016年2月期の連結決算は、純利益が前期比30.6%増の217億1,800万円、売上高が18.2%増の3,075億3,200万円だった。海外の売上高が全体に占める割合は約3割で、特に中国をはじめとするアジア事業が拡大。シンガポールでは、年間2店舗のペースで店舗を増やしている。

シンガポールで10店舗目をオープンした良品計画は、年間2店舗のペースで国内店舗数を拡大している=28日、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポールで10店舗目をオープンした良品計画は、年間2店舗のペースで国内店舗数を拡大している=28日、シンガポール中心部(NNA撮影)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

地元デザイナー、新商品で協業 仮想インフルエンサーと販促(上)(20:53)

スーパー大手、コロナ特需で賞与16カ月分も(18:44)

住友商事、建機販売・レンタル会社買収(22:15)

島津製作所、高血圧の共同研究施設を開所(22:22)

高齢者のワクチン接種開始、初日は300人(18:51)

駐在員が住みやすい都市、16年連続で世界首位(22:16)

20年の海外直接投資、37%減の580億米ドル(18:51)

10~12月の求人数、6%増=人材会社調査(18:51)

小売・飲食業、賃料上昇に警戒心(18:51)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン