ビンテージ、比で太陽光発電の建設受注

タイのエンジニアリング会社ビンテージ・エンジニアリングは8日、フィリピンで計画される太陽光発電所の開発事業で、設計・調達・建設(EPC)サービスを提供すると発表した。事業総額は3,222万米ドル(約32億8,100万円)。 タイ証券取引所(SET)に提出した報告書によると…

関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者の帰省支援、東北部から開始(17:45)

感染者1.4万人、11日連続で1万人超(27日)(16:12)

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

感染者1.5万人超、累計50万人突破(26日)(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン