《日系進出》西南開発、合弁でソーセージ工場建設へ

西南開発(愛媛県八幡浜市)はインドネシアで、野村貿易、地元の冷凍食品メーカー、スカル・ブミと合弁でソーセージ工場を建設する。投資額は約4億円。来年6月に生産を開始する。国民所得の上昇に伴い、食肉の需要が拡大している現地のソーセージ市場で、3年以内にシェア1割を目指す。

3社はソーセージの製造・販売を手掛ける合弁会社スカル・セイナンを設立する。資本金は115億ルピア(約1億円)。出資比率は、西南開発が30%、野村貿易が19%、スカル・ブミが51%とする。従業員数は80人、うち日本人2人の体制とする予定だ。

工場は、ジャカルタ西郊のバンテン州タンゲランのチクパでスカル・ブミが保有する土地に建設する。年産能力は4,000トン。1年目は760万本、2年目は2,290万本のソーセージを生産する計画。インドネシアで販売するほか、日本を含む海外への輸出も視野に入れている。

西南開発が海外に拠点を設けるのは初めて。イスラム教の戒律に準拠していることを証明する「ハラル認証」を取得し、拡大する食肉需要を取り込む考えだ。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】住宅ローン控除の適用(06/27)

増えるムスリム、ハラルに商機 インドネシアの10社見本市でPR(06/26)

【書籍ランキング】6月8日~6月14日(06/26)

豪人、保護主義懸念で米への信頼低下(06/26)

ニュースPICK UP(06/26)

浜名ワークス、工場稼働へ 現地販売目的の初の海外拠点(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

自動車部品製造29社が倒産、生産コスト増で(06/23)

首都圏LRT建設費、1兆6千億ルピア縮小(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン