日本駐車場開発、来年に現法設立

日本駐車場開発は22日、来年2月にインドネシアに現地法人を設立すると発表した。海外法人の設立は4カ国目。ビルや商業施設のオーナー向けの駐車場管理・運営・コンサルティングサービスなどで、向こう3年間に50件の受託を目指す。

首都ジャカルタにNPDソリューションズ・インドネシアを設立する。資本金は100億ルピア(約9,600万円)で、日本駐車場開発が95%、地元コルフィナ・ミトラクレアシが5%を出資する。

駐車場の需給バランスの最適化や安全性の向上に向けたサービスを提供する。借り上げや保有者からの受託で駐車場を運営。二輪車の駐輪事業なども視野に入れている。

日本駐車場開発は、2010年10月にタイ・バンコク、11年6月に中国・上海、今年7月に韓国・ソウルに現法を設置した。14年7月期連結決算は、駐車場事業の売上高が102億円、うち海外売上高が4億3,000万円。手掛ける物件数では、日本が1,120件、海外が18件だった。


関連国・地域: 中国韓国タイインドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車金融・保険商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

MNC、トランプ・ブランドのリゾート開発(17:00)

セブン―イレブン、6月末で全店舗閉鎖(16:37)

複合バリト、タイSCGと物流の合弁設立(16:18)

浜名ワークス、工場稼働へ 現地販売目的の初の海外拠点(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

自動車部品製造29社が倒産、生産コスト増で(06/23)

首都圏LRT建設費、1兆6千億ルピア縮小(06/23)

ナンバー規制、二輪車にも適用を検討(06/23)

国産小型旅客機を開発 インドネシア、島々結ぶ(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン