日系大手、太陽光に熱視線 シャープがメガソーラーに納入

フィリピンの太陽光発電市場が、日系大手メーカーの関心を集めている。シャープは先週、同国では初となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)の案件を進めていると明らかにした。業界関係者によると、参入を検討する同業の日本企業もある。日系大手がアジアで手掛ける大型案件は、…

関連国・地域: フィリピン日本ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに7186人感染(22:12)

テイクオフ:集会で人と人との距離を…(07/27)

大統領「投資法改正を」 最後の施政方針、中国に弱気発言(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

「大統領は即時退陣を」、反対派集会(07/27)

新型コロナ、新たに6664人感染(07/27)

三菱造船、比向け多目的船の進水式実施(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン