• 印刷する

マレーシア航空、乗務員200人が離職

マレーシア航空(MAS)のMH370便行方不明事件とMH17便撃墜事件の後、同社の乗務員約200人が離職したことが同社労働組合幹部の話で分かった。25日付エッジ・フィナンシャル・デーリーが伝えた。

同社労組のアブドゥル・マレク書記長は「一部は飛ぶのが怖いと言っており、どうすることもできない。彼らが普通の状態を取り戻せることを願っている」と語った。

現在在職中の乗務員は約3,000人で、代替人員の採用が進まないため、乗務員の多くは1日8時間となっている正規の労働時間に加え4時間の時間外勤務を強いられているという。

マレク書記長は「旅客機1機を失っただけでも大変なことなのに、短期間に2機を失った。特に女性の乗員にとっては非常に困難な時期にある」と指摘した。

一方、会社側によると、同社の離職者数は1~7月で186人で、最近は減少傾向にあるという。


関連国・地域: 中国マレーシアロシア欧州
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

東南アで小包取扱量3割超増 コロナ禍でEC拡大、配送遅延も(10/23)

RM1=25.3円、$1=4.15RM(22日)(10/23)

新型コロナ無料検査、MYEGから手配可能(10/23)

ス州のクラスター、7割はサバ州と関連なし(10/23)

新規感染847人、ス州137人(10/23)

ビンタイキンデン、子会社債務を新株で償還(10/23)

Kパワー、地場買収で化学品物流に参入(10/23)

三菱自、現地生産のエクスパンダー予約開始(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン