日本企業がシンガから世界へ:特許持つ7社、事業の早さ魅力

特許を持つ日本の中小企業7社が、シンガポールを起点にしたアジア事業の展開を模索している。大半が新興企業で、日本での知名度はまだ高くないものの、事業スピードの遅い日本より先にアジアや世界を相手に自社技術や製品の普及を図りたい考えだ。7社は、日本貿易振興機構(ジェ…

関連国・地域: シンガポール日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造金融IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

現地企業がNFT事業を始動 日本の芸術家と連携、欧米で販売(09/17)

天ぷらまきの、22日に海外1号店(09/17)

フリマのカルーセル、ユニコーン企業に(09/17)

細胞培養肉の受託製造、世界で初めて認可(09/17)

本人認証使ったカード不正利用増、注意喚起(09/17)

ケッペル、ラオスからの電力供給で合意(09/17)

独立系メディアが閉鎖、政府命令で(09/17)

比債券市場、4~6月は9兆ペソに増加(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン