【電子決済】自販機や飲食店で活用始まる:小売業界、少額消費に電子化の波

インドネシアの商銀各行は小売店などと提携して電子マネーの利用可能範囲を広げている。政府が電子決済を推進していることもあり、手数料無料でサービスを提供し、自社ブランドの利便性をPRすることで顧客の囲い込みを狙う。ジャカルタ首都圏の小売店やレストラン、コンビニなど…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー語とインドネシア…(12/11)

テイクオフ:留学時代に何から何まで…(12/11)

自動車のテレビ広告が4割減 各社が広告支出削減、景気低迷で(12/11)

日立キャピタル、現地法人の設立完了(12/11)

ユニ・チャーム現法、今週投資家を募集(12/11)

共同印刷の新工場完成、来年は3割増収目標(12/11)

2020年は7ブランド以上が新型車種投入か(12/11)

国営石油プルタミナ、石化大手の筆頭株主に(12/11)

生産分与契約の復活検討、石油業界が歓迎(12/11)

EU、バイオ燃料に相殺関税適用を決定(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン