【電子決済】自販機や飲食店で活用始まる:小売業界、少額消費に電子化の波

インドネシアの商銀各行は小売店などと提携して電子マネーの利用可能範囲を広げている。政府が電子決済を推進していることもあり、手数料無料でサービスを提供し、自社ブランドの利便性をPRすることで顧客の囲い込みを狙う。ジャカルタ首都圏の小売店やレストラン、コンビニなど…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

ヘリ運航のジャヤ、年末にドローン物流参入(13:26)

首都で病床ひっ迫、ICU使用率は8割超(16:23)

テイクオフ:夕方になると毎日のよう…(06/23)

税制優遇措置、年末まで延長 実業界はさらに長期延長を期待(06/23)

2Q成長率、下振れの可能性=財務相(06/23)

日産、新型マグナイトをネパールなどへ輸出(06/23)

UAEとの租税条約批准、経済関係発展で(06/23)

ガルーダ航空、債務支払猶予を念頭に再編(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン