• 印刷する

「パナマ文書」問題、比にも波及

各国の著名人などによるタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態を暴露した「パナマ文書」が流出し、世界を揺るがしている問題がフィリピンにも波及している。フィリピンからは、国内最大の富豪であるヘンリー・シー氏(91)など572人・法人の名前が利用者のリストに含まれており、大きな波紋を広げそうだ。

ヘンリー・シー氏は小売業や金融業のSMグループを率い、「小売り王」として知られる大富豪。6日付マニラタイムズによると、パナマ文書のリストには同氏と妻、娘、息子が含まれている。

このほか、個人ではイロコススール州のマルコス知事、ホセ・ビクター上院議員、有力実業家アンドリュー・タン氏(アライアンス・グローバル・グループ会長)、実業家ロベルト・コイウト氏、法人ではセメント大手のスイス系ホルシム・フィリピン、不動産開発大手メガワールド、鉱業大手ニッケル・アジアなどの名前が挙がっている。

パナマ文書はパナマの法律事務所から流出したもので、独日刊紙の南ドイツ新聞が入手し、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公開した。中国の習近平国家主席の親族、ロシアのプーチン大統領の側近、サッカーのリオネル・メッシ選手など世界の有力者、著名人の名前が浮上している。

同リストで隠し資産が明らかとなったアイスランドのグンロイグソン首相が5日に辞任するなど、各国で大きな問題となっている。


関連国・地域: フィリピン中南米
関連業種: 金融メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家と家の間は狭く、人1…(01/25)

英国変異種、新たに16人感染 3人は回復、入国時の検査強化(01/25)

入国禁止措置、外交官など対象外に(01/25)

コロナ感染新たに1949人、計51万3619人(01/25)

外出制限の緩和地域、年齢制限引き下げ(01/25)

ワクチン接種証明書の導入、上院で法案提出(01/25)

不正入国で510人逮捕、中国人が65%(01/25)

クラーク国際空港、新ターミナル引き渡し(01/25)

現地生産、政府の支援必要=自工会(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン