【ディープチャイナ】「営改増」で企業負担軽減:施行1カ月、対応に苦慮する外資も

中国で営業税を増値税に移行する大規模な税制改革「営改増」が5月1日に実施されて1カ月が経った。新たに増値税の範囲に含まれた企業では、減税効果を見込む一方、移行にかかる準備期間の少なさなどから、対応への苦慮もみられる。【上海・工藤光暢、安田祐二】 「営改増」は売…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 食品・飲料金融建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:消毒液の臭いが充満する…(08/02)

大都市でコロナ警戒体制強化 企業も自主規制、経済活動に影響(08/02)

下期に積極財政政策、中央政治局会議(08/02)

人民銀、下期も穏健な金融政策を維持(08/02)

新車CO2を37%削減、日米欧と中国=日産(08/02)

7月の製造業PMIは50.4、4カ月連続下落(08/02)

中国、データ管理を指導=アリババなど大手12社(08/02)

鉄鋼業の上期利益3倍、コスト削減が寄与(08/02)

米地位協定の破棄撤回、中国懸念で方針変更(08/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン