【ディープチャイナ】「営改増」で企業負担軽減:施行1カ月、対応に苦慮する外資も

中国で営業税を増値税に移行する大規模な税制改革「営改増」が5月1日に実施されて1カ月が経った。新たに増値税の範囲に含まれた企業では、減税効果を見込む一方、移行にかかる準備期間の少なさなどから、対応への苦慮もみられる。【上海・工藤光暢、安田祐二】 「営改増」は売…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 食品・飲料金融建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…(08/07)

医療機器への苦情40倍 コロナで急増、航空券やゲームも(08/07)

下期は自動車にてこ入れ、内需拡大で発改委(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

上半期のサービス貿易、14.7%減の2.2兆元(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

危険化学品を緊急検査、レバノン爆発受け(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン