【中国企業動向】買収したモトーローラが重荷に:レノボ、大規模リストラのうわさも

パソコン(PC)世界大手の聯想集団(レノボ)が苦境に立たされている。2014年に通信機器メーカー、米モトローラ・モビリティを29億1,000万米ドル(約2,990億円)で米グーグルから買収し、米アップルや韓国サムスンを超えるスマホブランドへの成長を目指していたが販売は低迷。モ…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 電機建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上期減税額は1.5兆元、初の財政リポート(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…(08/07)

医療機器への苦情40倍 コロナで急増、航空券やゲームも(08/07)

下期は自動車にてこ入れ、内需拡大で発改委(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

上半期のサービス貿易、14.7%減の2.2兆元(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン