チェプ鉱区権益10%、地方政府に配分

中部・東ジャワ州境に位置するチェプ鉱区の地方政府分の権益10%の配分先の企業が決定し、契約が調印された。また開発コストは、当初予定の25兆ルピアから35兆ルピアに上昇すると予想されている。ビスニス・インドネシアなどが伝えた。 権益配分の中部ジャワ州分は、サラナ・パトラ…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜日の午前7時半。ジ…(09/29)

タブレット、LED需要堅調 コロナ禍で在宅時間伸び(09/29)

航空業界、旅客回復に3年か(09/29)

ANAの成田4便と羽田運休、11月も継続(09/29)

チカンペック高速道、西ジャワ方面交通規制(09/29)

儒鴻、インドネシア工場の建設に追加投資(09/29)

来月6~8日にゼネスト、オムニバス法反対(09/29)

政府が電気料金一部肩代わり、財務相令施行(09/29)

石化TPPI、東ジャワ精油所の拡張着工(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン