• 印刷する

「日本のカジノは地方都市で」、ダイナム

日本のパチンコホール運営大手で、香港上場のダイナムジャパンホールディングス(東京都荒川区)は5月30日、アドミラルティーで2014年3月期決算説明会を開いた。佐藤洋治・取締役会議長は席上、「日本でのカジノライセンス取得に注力している。単独で取得できなければ、ライセンスを取るために必要な最良のパートナーと組むことも考えている」と語った。

また、日本でのカジノ解禁の法案が国会を通過するのは6月末、遅くても秋には通過するとの見通しを示した。今秋にはカジノライセンス取得に向けた具体的な動きがあるとみている。

佐藤取締役会議長は、「日本でカジノを設置するなら地方都市」と明言。日本政府の発表した地震に関するリポートによると、将来的に関東や関西、中部地区で地震が発生する可能性は高い。「リスクを避けるためにもカジノは地方都市に設けたい」と述べた。現にダイナムは既存店375店舗のうち、都市部は十数店舗のみで、地方都市での店舗展開を拡大。地方での運営ノウハウをカジノ経営にも活かしていく考えだ。

同社の14年3月期決算は、純利益が前年比1.9%増の213億2,800万円、売上高が1.1%増の1,657億5,400万円だった。

<香港>


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/21)

コロナ対策、6措置で強化 香港政府、今冬の第4波に備え(09/21)

新たに23人の感染確認、累計5032人(09/21)

バー営業再開、業界は営業時間延長を要望(09/21)

ASUS、ゲーミングスマホ販売が好調(09/21)

第3波で休園の海洋公園、2カ月ぶり開園(09/21)

反発、中国A株高に追随=香港株式(09/21)

東亜銀に罰金420万HKドル、証券管理に不備(09/21)

4~6月のクレカ利用額24%減、件数は微減(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン