【糸へん業界の目】第19回・三黄香港(フェニックス香港)

三黄香港(フェニックス香港)は、35年前に香港で設立された日系セーターメーカーで、日本の大手アパレルへの商品供給を事業の柱としてきた。1980年代終盤には特に好況をおう歌したものの、2000年以降、衣料品の対日輸出拠点、上海が急速に台頭してきたため、欧米向け輸出の拡大へ…

関連国・地域: 中国香港韓国ベトナム日本米国欧州
関連業種: 繊維その他製造IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:なし崩し的に開催が既定…(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

抗体検査で隔離期間を短縮 7日間に、非居民の入境も解禁(06/22)

域内感染14日連続ゼロ、累計は1万1889人(06/22)

3日ぶり反落、日米株安に追随=香港株式(06/22)

今年上期のGEM新規上場、12年ぶり低水準(06/22)

理財通、香港の銀行が競って本土提携先探し(06/22)

週末住宅取引、新築は約4割減の284戸(06/22)

韓国食品専門店、3年以内に48店オープン(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン