【糸へん業界の目】第19回・三黄香港(フェニックス香港)

三黄香港(フェニックス香港)は、35年前に香港で設立された日系セーターメーカーで、日本の大手アパレルへの商品供給を事業の柱としてきた。1980年代終盤には特に好況をおう歌したものの、2000年以降、衣料品の対日輸出拠点、上海が急速に台頭してきたため、欧米向け輸出の拡大へ…

関連国・地域: 中国香港韓国ベトナム日本米国欧州
関連業種: 繊維その他製造IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者48人、累計4360人(18:57)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

コロナの新規感染者69人、累計は4312人(08/14)

強制検疫、11日目からは自宅隔離に=衛生署(08/14)

公務員の在宅勤務、8月23日まで延長(08/14)

本土出発の旅客、乗り継ぎ再開=10月15日まで(08/14)

横ばい、構成銘柄見直し発表控え=香港株式(08/14)

本土ネット通販の唯品会、年内に香港上場か(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン