NNA ASIA

3Qに1万4千ルピア越え、MUFGが予測

三菱東京UFJ銀行のジャカルタ支店は16日、第3四半期(7~9月)にも対米ドルのルピア安の進行が本格化し、1米ドル=1万4,000ルピアを越えるとの見通しを明らかにした。米国の政策金利の引き上げでルピア売り圧力が高まるためで、1万4,300ルピアを上回る可能性があるとの予測を示した。