NNA ASIA

プロジェクト3B、中国電力が資本参画を検討

中国電力(広島市)が、マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナルと三井物産がヌグリスンビラン州で進める超々臨界石炭火力発電所「プロジェクト3B」(出力2,000メガワット)事業に対する資本参画を検討していることが分かった。

NNAからのお知らせ