NNA ASIA

仏、原子炉6基以上新設へ

炭素中立向け35年の稼働開始も

フランス政府は、2050年までに新たな原子炉を少なくとも6基建設する計画を明らかにした。同年までの炭素中立目標の達成に向けた取り組みの一環。建設はフランス電力(EDF)が担当する予定で、最初の原子炉は35年の稼働開始を見込む。

関連記事