NNA ASIA

【19年の10大ニュース】EU離脱の出口はすぐそこ

ブレグジットはいつ実現するのか、英国と欧州連合(EU)の間でどんな合意が結ばれるのか、合意なき離脱になってしまうのか――。欧州を3年半にわたり霧のように覆っていた「不確かさ(Uncertainty)」を、ブレグジットの断行を掲げて総選挙で大勝したジョンソン英首相が吹き飛ばした。当初の期限である3月29日での離脱は果たせなかった。しかし、来年1月31日での離脱を確実なものとしたのは、やはり英国民の民意だった。
欧州の主要国も不安定な政情に頭を悩ませた。イタリアは連立政権が崩壊し、スペインは政権不在の泥沼に。メルケル独首相も連立相手との火種を抱える。マクロン仏大統領は、本丸の政策の一つである年金改革で国民の猛反発を食らい、正念場を迎えている。
ともあれ、米中貿易摩擦と並んで欧州経済に影を落としてきたブレグジットはようやく前に進む。新体制となったEUの最初の大仕事である英国との貿易協定交渉の行方は要注目だ。