NNA ASIA

佐賀のGEC、マーシャル諸島の再生エネに協力

マーシャル諸島のトニー・デブルム副大統領はこのほど、二酸化炭素(CO2)を排出しない地球温暖化対策の発電手段として、日系ベンチャー企業GEC(佐賀県佐賀市)の海洋温度差発電(OTEC)に注目していることを明らかにした。同国は再生可能エネルギーの導入で模範を示し、先進国にCO2の排出削減など抜本的な改革を求めたい構えだ。【NNA豪州編集部】