NNA ASIA

4~6月の経済成長率は4.3%、前期から拡大

マレーシア中央銀行は21日、4~6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比4.3%増加したと発表した。内需がけん引する形で、1~3月期の4.1%から0.2ポイント拡大した。ただゼティ総裁は同日開いた記者会見で、外需低迷による影響がマレーシア経済にもおよび始めているとして、通年予測を当初の5~6%から4.5~5.0%に引き下げた。