コロナを超えて―ベトナム「新常態」時代の事業戦略

After corona
ベトナムでは社会隔離政策の緩和から3カ月が経過し、各社は「新常態」時代の事業戦略を模索する。「チャイナプラスワン」「米中貿易摩擦」を経て新型コロナウイルス感染症の拡大を経験したことで、ベトナム国内に拠点を置く企業は、どのような事業戦略を推進していくのか。アシックスやユニ・チャーム、ホンダ、エースコックなどの各業界のトップ企業に、原材料・部品の調達を含むサプライチェーン再編や、消費者の志向の変化への対応、ベトナム事業の立ち位置の変化などを聞く。
すべての文頭を開く

【コロナを超えて】丸紅、LNG火発に参画へ 製造業の供給網再編、支援に意欲(07/31)

丸紅がベトナム南部バリアブンタウ省で建設中の段ボール原紙工場は、年度内にも稼働予定(同社提供)
【第5回:丸紅】ベトナム国内の約1割の発電所事業に関わってきた丸紅が、液化天然ガス(LNG)を利用し…

続きを読む

【コロナを超えて】「市場の2倍速」で成長視野 ユニチャーム、販売回復へ攻勢(07/30)

ユニ・チャームはコロナの影響で減少した販売回復に向け、伝統小売店(写真)や病院などへの攻勢を強めていく方針だ=ホーチミン市
【第4回:ユニ・チャーム(下)】ベトナム国内でワーカークラスの失業が増える中、ユニ・チャームの販売減…

続きを読む

【コロナを超えて】ユニチャーム、業界首位を快走 買収企業と相乗効果でシェア逆転(07/29)

「現地発」の発想が光り、ユニ・チャームのベトナム工場では新型コロナの感染者を出さずに乗り切った=北部バクニン省(同社提供)
【第3回:ユニ・チャーム(上)】ユニ・チャームがベトナムのおむつと生理用品市場で、シェアトップを快走…

続きを読む

【コロナを超えて】生産の集中と分散を同時推進 アシックス、新常態で磨く現場力(07/28)

アシックスのインドネシア工場は、フットウエア生産で米国向け輸出の中心を担うことが期待されている(同社提供)
【第2回:アシックス(下)】新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、アシックスではベトナムへの生産移管…

続きを読む

【コロナを超えて】アシックス、越の生産6割に 武漢工場が停止で中国の比率1%(07/27)

アシックスは中国・武漢工場のフットウエア生産を停止したことで、ベトナム工場(写真)の生産比率が全体の6割に達した(同社提供)
【第1回:アシックス(上)】社会隔離政策の緩和から3カ月がたったベトナムでは、各企業が「新常態」時代…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン