NNAカンパサール特集・爆走、アジアの高速鉄道

Nnakanpa icon
日本の新幹線はアジアを疾走できるのか。そこに立ちはだかるのは、急速に力を付けてきた中国だ。
すべての文頭を開く

【爆走、アジアの高速鉄道】上海から北京まで 1300キロを4時間24分 世界最速列車「復興号」乗車体験記(08/10)

17年6月末に運行を開始した「CR400AF」の復興号。今年4月から時速350キロの巡航運転車両を拡大している
アジアで元気のいい鉄道大国といえば中国だ。日本の面積の25倍の広さを持つ国土には、約12万7000キロメート…

続きを読む

【爆走、アジアの高速鉄道】ASEAN 高速鉄道の現在地(08/03)

ラオスの山間部をトンネルと橋りょうで結ぶ中国ラオス鉄道の建設現場=2017年8月、ルアンプラバン県(澤木範久撮影)
■「一帯一路」のつち音高く ラオス ラオスで中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を象徴…

続きを読む

【爆走、アジアの高速鉄道】新幹線の海外戦略(07/27)

石井翔氏
■新幹線輸出はオールジャパンで 国土交通省鉄道局国際課 海外プロジェクト推進官 石井 翔氏 インフラ…

続きを読む

【爆走、アジアの高速鉄道】高速鉄道技術で日本は中国と連携を(07/20)

工学院大学特任教授・東京大学名誉教授 曽根 悟氏に聞く 日本政府の主導によりインフラ技術の輸出が進め…

続きを読む

【爆走、アジアの高速鉄道】経験の日本、資金力の中国(07/13)

第1回 1964年に世界で初めて最高時速210キロメートルの新幹線を実現した日本は、高速鉄道技術で世界をリ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン