台湾企業の被害補償、越政府と交渉開始へ

南シナ海の領有権をめぐる中越の対立先鋭化をきっかけに、ベトナムで先週起きた反中デモの暴徒化で、現地の台湾系企業が多大な被害に遭ったことを受け、台湾政府は23日にもハノイでベトナム政府に対し、1993年締結の台越投資保護協定に基づく補償を求める方針だ。あす21日にベトナ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

関空到着のベトナム人、英変異種に感染(18:15)

ミャンマーと越経済に10年の差 工業団地の整備で投資誘致に明暗(01/27)

南シナ海での主権強調、ベトナム党大会(01/27)

重要な1年、対米関係が左右=三菱UFJ(01/27)

ホンダ、四輪のベトナム生産が累計10万台に(01/27)

発着枠超える航空券販売、企業に中止指示(01/27)

ベトナム航空、日本線3月27日まで運休(01/27)

国外退去命令の外国人、93%は中国人=入管(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン