• 印刷する

《日系進出》サンテック、駐在員事務所設置

総合設備工事のサンテックは28日、4月1日付でジャカルタに建設駐在員事務所を設置したと発表した。東南アジアでは8カ国目の拠点で、工場やビルのほか、政府開発援助(ODA)を含むインフラ関連の電気工事、情報通信工事、エンジニアリングなどを手掛ける。現地法人に格上げすることも視野に入れている。

マレーシア法人のSECMを通じ、インドネシア企業と共同でプロジェクトを受注できる建設駐在員事務所を、南ジャカルタのTIFAビルに設けた。マレーシア人のペ・コクヨン氏が所長に就任し、3~4人体制で事業活動を開始。1年以内に10人ほどに増やす計画だ。

インドネシアに拠点を設けるのは1990年代後半に撤退して以来、十数年ぶり。豊富な人口を抱え、政治が安定する中、日本企業を中心に投資が増えていることから設備工事の受注が見込めると判断した。マレーシア法人が管轄することで言葉の壁を軽減することができるとみている。

サンテックは東南アジアを中心に海外事業を強化している。域内ではインドネシア、マレーシアのほか、ブルネイ、タイ、ベトナムに現法、シンガポールとミャンマーに支店をそれぞれ持つ。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都ジャカルタでは、オ…(08/11)

【この人に聞く】オンライン教育、利用者4倍 ゼニウス、ハイブリッド型授業も(08/11)

トヨタ、G20でレクサスEVを143台提供(08/11)

ダイハツ小売り、1~7月は前年比38%増(08/11)

西カリマンタン港に新ターミナルが完成(08/11)

米半導体投資法が成立、対中で競争力強化(08/11)

セルポン―バララジャ高速道、一部無料開放(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン