• 印刷する

香港の実質賃金、来年1.5%上昇=ECA

英人材調査会社ECAインターナショナルが12日発表した賃金動向調査で、香港で事業展開する多国籍企業110社を対象とした来年の賃上げ率は前年並みの平均4.5%で、物価上昇分を除く実質では前年を0.1ポイント下回る1.5%が見込まれることが分かった。実質賃金の伸びはアジアの対象17カ国・地域のうちマカオ、ミャンマーに次ぐ低さだった。

今回の調査は今年8月から9月にかけ、70カ国・地域の多国籍企業10業種、336社を対象に実施した。アジア地域マネジャーのリー・クワン氏は「香港の主要産業では先行き不透明感が漂っており、来年の賃上げ率は今年と同水準になるだろう。低迷している経済環境が影響しているが、人材引き留めのためにある程度の引き上げを求められている」と分析した。

さらに同氏は香港文匯報に対し、「香港の名目賃金は2007年から15年で累計35%上昇したが、実質では4%しか上昇していない。相対的に低い賃上げ率は、香港の経済発展にとって不利だ」と指摘した。<香港>


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

指定検疫ホテル2.3万室に 2カ月で3.8倍、入境者増に対応(05/27)

新たに251人感染、前日から横ばい(05/27)

ドンキ「鮮選寿司」、小西湾に3号店(05/27)

キャセイ乗組員、アプリに全活動の記録義務(05/27)

訪日観光6月10日解禁、ツアー客から(05/27)

MTRC、鉄道と不動産に1千億ドル投資(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン