• 印刷する

復興航空がLCC新会社の詳細発表、ロゴは黒熊

復興航空(トランスアジア)は24日、設立する格安航空会社(LCC)の「Vエア」の詳細を発表した。総経理には、ポータルサイトを運営するヤフー奇摩の内容企画部総監などを務めた隆章キ氏(キ=王へんに其)が就任。台湾の希少動物「台湾黒熊」をモチーフにしたロゴマークを採用した。早ければ今年9月にも営業を開始する見通し。

復興航空董事長で、Vエアでも董事長職に就く林明昇氏は「復興航空は台湾初の民営航空会社だが、LCCの設立でも台湾で最初となった。今後は2社の異なるブランドで事業を展開し、消費者のためにさらに多くの可能性を提案したい」などと話した。

当初はエアバスA320型、A321型機を2~3機導入する予定。台湾桃園国際空港を拠点に、オープンスカイ政策を導入している国・地域を主な対象として、台湾と日本、韓国、中国などを結ぶ路線を展開する計画だ。4月からPR活動に力を入れ、知名度の引き上げを狙う。


関連国・地域: 中国台湾韓国日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ちょっとちょっと、あな…(09/21)

丸紅傘下が太陽光で融資獲得 100億元超、台湾の銀行で最高額(09/21)

TSMC、高雄に工場新設の可能性も(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

2大ゲーム機が同時発売、台湾企業に期待感(09/21)

ASUS、ゲーミングスマホ販売が好調(09/21)

相互が台湾工場閉鎖、華為の米制裁響く(09/21)

元太、楽天コボと桃園球場に電子看板設置(09/21)

汎徳、台湾最大のポルシェ展示場をオープン(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン