• 印刷する

復興航空がLCC新会社の詳細発表、ロゴは黒熊

復興航空(トランスアジア)は24日、設立する格安航空会社(LCC)の「Vエア」の詳細を発表した。総経理には、ポータルサイトを運営するヤフー奇摩の内容企画部総監などを務めた隆章キ氏(キ=王へんに其)が就任。台湾の希少動物「台湾黒熊」をモチーフにしたロゴマークを採用した。早ければ今年9月にも営業を開始する見通し。

復興航空董事長で、Vエアでも董事長職に就く林明昇氏は「復興航空は台湾初の民営航空会社だが、LCCの設立でも台湾で最初となった。今後は2社の異なるブランドで事業を展開し、消費者のためにさらに多くの可能性を提案したい」などと話した。

当初はエアバスA320型、A321型機を2~3機導入する予定。台湾桃園国際空港を拠点に、オープンスカイ政策を導入している国・地域を主な対象として、台湾と日本、韓国、中国などを結ぶ路線を展開する計画だ。4月からPR活動に力を入れ、知名度の引き上げを狙う。


関連国・地域: 中国台湾韓国日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年に入り、台湾で児童…(02/21)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

三菱重の業務用空調販売へ 上洋、回帰投資や飲食業需要に対応(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

1月の自動車販売、27%増の3.3万台(02/21)

和泰汽車、日本仕様の新型プリウス投入(02/21)

台北の工作機械見本市、商機は20億米ドル(02/21)

「蝦皮」での県市別消費額、18年は彰化が最高(02/21)

電源デルタ、自動車用好調で18年は4%増益(02/21)

台湾ファミマ、沖縄県産鶏卵の販売開始(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン