• 印刷する

マンダレーに拠点、ミャンマー投資委員会

ミャンマーでの投資案件を審査するミャンマー投資委員会(MIC)は4月1日、同国第2の都市マンダレーに拠点を開設する。首都ネピドーと最大都市ヤンゴンに次ぐ拠点で、会社登記と輸出入ライセンス認可の審査を手掛ける。ミャンマー北部を中心とする地方部での投資促進に弾みがつく可能性がある。

マンダレー商工会議所のソー・ミン会頭が明らかにしたもので、MICの新拠点では会社登記の更新手続きも行う。手数料を会社登記で120万チャット(約12万7,000円)、輸出入ライセンス登録で20万チャットに設定する。

ミン会頭は「マンダレーは(アジアを横断する)アジアハイウエーの中継地点で、商業ハブの役割を担うようになる」とMICの新拠点の重要性を強調した。

現在は会社登記や輸出入手続きにはネピドーかヤンゴンに出向く必要がある。ある地元の事業家は「ネピドーに行くには費用もかかるし、手続きが1回で終わらないこともある」と語り、マンダレーでのMICの拠点開設を歓迎した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン、1週間で4割高に 通貨切り下げで物価急騰(08/15)

金価格が過去最高値、250万チャット超(08/15)

ミャンマーから密輸の貴金属、インドで押収(08/15)

農業や少数民族支援に210億円支出、財務省(08/15)

農業の生産増、国軍の目標達成困難=専門家(08/15)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/15)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(08/15)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(08/15)

マレーシア外相、亡命政府との対話呼びかけ(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン