【ケーススタディ・駐在員の健康】第39回 痛風発作

中国華南地区に駐在する日本人の年齢は、40歳代半ば以降のやや高い年齢層か、あるいは20歳代の若年層のどちらかに入る場合が多いように感じる。若い人には生活習慣病のリスクは少ないが、中高年になると健康状態が悪い人が著しく増える。工場の中国移転で、日本でのポストを失った…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今から23年前の昨日は…(07/02)

香港で国家安全維持法施行 厳戒の返還記念日、逮捕者数百人(07/02)

「二制度」の根幹揺らぐ、香港安全法の条文(07/02)

米が香港制裁を本格化、輸出優遇を凍結(07/02)

国安法、グレーゾーンは幅広い=倉田教授(07/02)

香港株は反発、影響図りかねる金融市場(07/02)

香港民主派の処罰示唆、中国=国安法で摘発も(07/02)

EU、香港国安法に懸念(07/02)

大湾区で「理財通」試行、時期は後日決定(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン