• 印刷する

トヨタが展示場、年2百台以上の販売目指す

ミャンマーでトヨタの新車販売が本格化する。従来は顧客からの受注を受けての販売だったが、3月に現地企業を販売店に指名してヤンゴンにショールームを開き店頭販売に乗り出す。スポーツタイプ多目的車(SUV)「プラド」やピックアップトラック「ハイラックス」などを取り扱い、年間180~240台の販売を目指す。ミャンマーの新車市場をめぐる自動車各社の競争が一段と激しくなりそうだ。

地場の販売店エー・アンド・サンズ・サービシズが3月2日に初のショールームを開く。同社は豊田通商との合弁会社を通じて長年にわたりトヨタ車の補修を手掛けてきた。その実績や顧客網を活用して高所得者層を中心に売り込みをかける。

主力車種はハイラックス。ピックアップトラックの輸入関税率が13%にとどまり、車両価格を大幅に抑えることができるからだ。ミャンマーでは新車の輸入関税率が最大160%に達するが、政府は昨年、商用と乗用に併用できるピックアップトラックについては50%を超えていた税率を引き下げていた。

ミャンマーでは経済成長を背景に自動車販売台数が年間約12万台から中期的に30万台に増加すると予測され、取引される車両も中古車から新車へ徐々に置き換わるとみられている。スズキ、日産自動車、マツダなど日本勢を含めて新車を投入する動きが活発になっている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

5月衣料輸出、6割超の伸び 5カ月連続成長、外出需要回復で(08/11)

観光ビザの取得要件、外務省が発表(08/11)

為替両替レート幅、基準の上下0.3%に制限(08/11)

外貨規制緩和に長期的な効果なし=専門家(08/11)

燃油不足が深刻化、価格も高騰(08/11)

豆類の価格高騰、中銀の通貨切り下げが影響(08/11)

日本から輸入の中古自転車、人気で価格急伸(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン