• 印刷する

PALとセブ航空、APECで損失12億ペソ

フィリピン航空(PAL)と格安航空会社(LCC)最大手セブ・パシフィック航空の親会社セブ・エアーは、マニラ首都圏で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に伴う欠航による損失が、合わせて12億ペソ(約31億3,000万円)に上るとの見通しを示した。地元紙ビジネスワールドなどが伝えた。

PALによると、APECに伴う欠航は約700便。PALの運航本数の約2.5日分に相当する規模で、損失は1,875万米ドル(約23億1,200万円)に達する見込みだ。一方、セブ航空と傘下のセブ・ゴーの欠航は847便で、4億ペソの損失が生じる見込み。さらに欠航が増える可能性があるという。

フィリピンの民間航空委員会(CAB)は、APEC首脳会議に参加する各国首脳の搭乗機がニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に定時で離着陸できるようにするため、民間航空会社の飛行を制限する措置を導入していた。

ただ、PALの広報担当者は「欠航による損失は、APEC開催による長期的な効果で相殺される」との見方を示した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

仏サノフィのデング熱ワクチン、登録を抹消(02/21)

コメ輸入規制緩和、来月5日に法律施行(02/21)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン