和平医院、SARS隠し疑いで批判集中

台湾で最大の新型肺炎SARS感染禍を引き起こした台北市立和平医院が、発生当初に情報を院内にも政府にも十分に伝えていなかったとして批判されている。台北市衛生局は12日に呉康文院長を更迭。呉前院長は今後刑事責任を問われる可能性も指摘されている。 台湾のSARS感染者は13日現在…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、域内感染が過去最多の29人(05/14)

台北和平医院でコロナ感染者、救急外来停止(05/14)

鴻海がフィスカーと正式契約、米国で生産へ(05/14)

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

万華区訪問者へ警告、感染拡大で(05/14)

飲食店や商業施設、コロナで「実聯制」導入(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン