• 印刷する

工業相、日系進出で「ヤンゴン以外も検討を」

ミャンマーのマウン・ミン工業相は9日、東京で講演し、最大の都市ヤンゴンの工業団地の地価が高騰していることから、日本から進出を検討する中小企業はヤンゴン以外にも目を向けるようにと訴えた。

マウン・ミン氏は、中小企業基盤整備機構が主催した東南アジア諸国連合(ASEAN)のビジネスセミナーで基調講演を行い、ヤンゴン以外の15カ所の工業団地への投資も検討してほしいと述べた。既存の工業団地以外にも、東部カイン州(旧カレン州)のミャワディ、パヤトーネス、パアン、西部ラカイン州ポンナーチュン、首都ネピドーのタッコネ、北東部シャン州ムセ、中部マンダレー管区ヤダナポンの6カ所で開発を進めていると説明した。

ミャンマー進出の優位点について、5,100万人とされる人口の70%が生産年齢で、最低賃金はまだ決定していないものの、「賃金が相対的に低いこと」と説明。労働集約型や輸出志向型の産業、ハイテクや重工業への投資を誘致したいと語った。ミャンマー政府として、事業の国有化をしないことや契約内容の順守を保証するとも述べた。

セミナーではこのほか、タイのプラモート工業副大臣が講演し、在タイ日本人が多いことから日本の高校を開校するべきだとの見解を示した。


関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロシア産燃油調達委、軍の取り巻きが占める(11:27)

ヒヨコ豆とジャガイモ、3年ぶり高値(11:24)

FBの影響力に懸念、国軍が新技術開発へ(11:14)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

輸出収益の35%は送金など可能、中銀声明(08/19)

UABが英誌から優秀賞、人権団体は非難(08/19)

パーム油などの価格操作へ措置表明、国軍(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン