【総括】経済は中国へ、政治は本土化へ

1990年代、台湾は好況に沸く米国市場への輸出に支えられ、年平均6.37%の高い経済成長率(GDP)を誇り、世界のハイテク工場の地位を固めた。しかし、ネットバブルの崩壊に続くIT(情報技術)不況の中で迎えた21世紀の最初の2001年は、戦後最悪の不景気に見舞われる試練の年となった…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近くでオープンした店の…(04/24)

開拓者、90年代から根を張る 看見カンボジア(1)躍動、台湾企業(04/24)

エイサー、高齢者向けタブレット事業で成果(04/24)

上奇がデジタル印刷強化、マレーシアに新会社(04/24)

太陽電池の益通が生産停止、市況低迷受け(04/24)

3月のスマホ販売台数、前月比6.7%減(04/24)

和泰・裕隆、自動車大手2社で計600人採用(04/24)

日立、永大機電への出資比率を4割に引き上げ(04/24)

布職布の南六、ベトナム工場建設を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン