【総括】経済は中国へ、政治は本土化へ

1990年代、台湾は好況に沸く米国市場への輸出に支えられ、年平均6.37%の高い経済成長率(GDP)を誇り、世界のハイテク工場の地位を固めた。しかし、ネットバブルの崩壊に続くIT(情報技術)不況の中で迎えた21世紀の最初の2001年は、戦後最悪の不景気に見舞われる試練の年となった…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

台プラが4%賃上げ、過去2番目の高水準(17:51)

テイクオフ:ガイドブックでよく紹介…(07/17)

【アジアで会う】接接さん 作家 第211回 ブログ発のエッセー漫画が大人気に(台湾)(07/17)

鴻海、インド最大のコンテナ港に新工場建設か(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

ゲームの欧買カイ、仮想通貨業務に参入(07/17)

2Q世界PC出荷量、エイサーが5位(07/17)

液晶パネル輸出額、3期連続のマイナス成長(07/17)

EVサンダーパワー、ベルギーにEV工場(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン