【総括】経済は中国へ、政治は本土化へ

1990年代、台湾は好況に沸く米国市場への輸出に支えられ、年平均6.37%の高い経済成長率(GDP)を誇り、世界のハイテク工場の地位を固めた。しかし、ネットバブルの崩壊に続くIT(情報技術)不況の中で迎えた21世紀の最初の2001年は、戦後最悪の不景気に見舞われる試練の年となった…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節連休のある日、体…(09/26)

スマホ新機種発売が需要けん引 8月卸売売上高、同月過去最高に(09/26)

力成、竹科でFOPLPラインの第3工場着工(09/26)

友達が事業多角化、介護や排水処理の子会社設立(09/26)

サーバー製造各社、中国から生産ライン移設も(09/26)

マカオの8月旅行者、単月過去最多に(09/26)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(335)(09/26)

中華汽車、電動大型バイク市場を開拓(09/26)

台湾の乗用車満足度、大衆車はラクスジェン1位(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン