【総括】経済は中国へ、政治は本土化へ

1990年代、台湾は好況に沸く米国市場への輸出に支えられ、年平均6.37%の高い経済成長率(GDP)を誇り、世界のハイテク工場の地位を固めた。しかし、ネットバブルの崩壊に続くIT(情報技術)不況の中で迎えた21世紀の最初の2001年は、戦後最悪の不景気に見舞われる試練の年となった…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米HP、台湾のノートPCシェア1割超目標(19:31)

テイクオフ:「サイズを教えて。早速…(12/12)

ブランド構築へ、3代目の挑戦 台湾・繊維イノベーション(2)(12/12)

環球晶円が3.5億米ドルを還流、生産増強(12/12)

リードフレームの順徳、南投県に新工場(12/12)

科技部、米テックスターズとイノベ支援計画(12/12)

PC2社、11月はともに前月比増収(12/12)

フーミーフン、高級SSR第1期引き渡し(12/12)

金鉱コーヒー、富士康広告が運営引き継ぎ(12/12)

ジーンズの如興、子会社と海外資産を売却(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン