【美食再起】不安と怒りに揺れた美食の島:失った安全・安心と各界への影響

昨年の台湾は、食品の安全・安心をめぐる問題で揺れに揺れた。廃油を由来とした違法ラードの製造・流通が判明したのを機に、大小の企業を巻き込んだ食品関連の問題が相次ぎ発覚。同年を代表する漢字のトップ10に「油」「怒」「食」などがランクインした他、「話題の人物」にも渦中…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾マレーシアシンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、286人増加(06/11)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/11)

新型コロナの域内感染、250人増加(06/12)

政府にコロナ検査拡充を提言 急死相次ぎ、自宅での検査も検討(06/11)

台湾系工場、1100人出社停止 製靴大手、南部でも影響拡大(06/11)

鴻海、コロナの社内検査を開始(06/11)

壱電視のカメラマン死亡、コロナ感染(06/11)

新型コロナの域内感染、263人増加(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン