【ASEAN統合】海外最大級の市場は薄利:大型かつ難易度高い仕事に挑む

【第13回】韓国、中国勢との競争激化に直面している日系ゼネコンは、シンガポールが海外最大級の市場でありながら、薄利に苦しむ。生き残る道は、大型かつ難易度が高くとも、施工運営の工夫次第で工期や工費を抑えられる案件の獲得だ。 昨秋、サッカー日本代表がブラジルと戦った…

関連国・地域: 中国韓国シンガポール日本中東欧州
関連業種: 建設・不動産運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直し検討(08/05)

ヤンゴンの食品工業団地開発、投資委が認可(08/05)

製造業PMI、6カ月ぶりに50超え(08/05)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(08/05)

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン