【ASEAN経済共同体】就労規制、運用を厳格化:語学力問う、日本人の大量帰国も

【第9回】インドネシアの保護主義が表面化した裏には、投資受け入れによって期待した技術移転が進んでいないとの政府の焦りがある。就労規制が厳格に運用されるようになり、インドネシア語能力を問う姿勢も見せ始めた。理由は明確になっていないが、ある日系企業の駐在員を大量帰…

関連国・地域: 中国韓国インドネシア日本ASEAN
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ええ、こんなにー! 所…(02/20)

投資と成長の促進へ税制改革 オムニバス税法、識者に聞く(上)(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

州別最低賃金、上昇率に州の経済成長率適用(02/20)

東南アジア1月の訪日客、3割増で過去最高(02/20)

クルーズ船のインドネシア乗組員3人が感染(02/20)

配車グラブに出資、三菱UFJが800億円(02/20)

バタム島、中国からの供給停止で生産に影響(02/20)

レジ袋税1キロ3万ルピアに、財務相が提案(02/20)

職業訓練カード、首都圏で4月から配布(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン