【ASEAN経済共同体】就労規制、運用を厳格化:語学力問う、日本人の大量帰国も

【第9回】インドネシアの保護主義が表面化した裏には、投資受け入れによって期待した技術移転が進んでいないとの政府の焦りがある。就労規制が厳格に運用されるようになり、インドネシア語能力を問う姿勢も見せ始めた。理由は明確になっていないが、ある日系企業の駐在員を大量帰…

関連国・地域: 中国韓国インドネシア日本ASEAN
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:実家のご近所さんが最近…(09/28)

コロナで救急車両需要が急伸 感染1日1000人超えた6月から(09/28)

自動車各社が輸出拡大へ、国内需要の低迷で(09/28)

韓国の衣料企業、中国から靴生産移転(09/28)

商業施設の支援策検討、税減免や要件緩和も(09/28)

リアウ州初の有料道路開通(09/28)

物流効率向上で国際競争力強化=財務相(09/28)

首都空港、10月から太陽光発電導入(09/28)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン