• 印刷する

過去30年で最高水準に、国民の生活楽観度

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)が26日発表した今年第1四半期(1~3月)の国民の生活楽観度指数は37ポイントだった。前期(14年10~12月)の35ポイントから2ポイントさらに上昇し、調査を開始した1984年以来で最高となった。一方、経済見通しの楽観度は大幅に落ち込んだ。

同調査は今年3月20日から23日にかけて、全国の成人1,200人を対象に面談形式で実施し、向こう1年間の生活が改善するかどうかを尋ねた。指数は「生活の質が改善する」との回答率から「悪化する」との回答率を差し引いて算出した。今期のそれぞれの回答率は42%、5%だった。

地域別では、マニラ首都圏を除くルソン地方が7ポイント、首都圏とビサヤ地方がともに1ポイントの幅で前期から上昇したのに対し、ミンダナオ地方は9ポイント低下した。所得層別では、貧困層のD層が2ポイント、中間層以上に当たるABC層が1ポイントそれぞれ上昇。最貧困層のE層は3ポイント低下した。

向こう1年間の経済見通しが改善するかに関しては、「改善する」が27%、「改善しない」が20%だった。経済楽観度指数は6ポイントとなり、前期から10ポイント下回った。

過去1年間に生活が改善したかという質問に対しては、指数がプラス6となり、前期のマイナス1から上昇。1987年3月以来、初めてプラスを記録した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン