【水ビジネス】膜で実績積む日系水処理企業:世界市場見据えた実験場に

人口増大や急速な工業化などに伴う地球規模の水不足を解消する手段として、水ビジネスの重要性が増している。日本企業は排水や海水から工業用水、飲料水などを製造する工場で用いられる水処理膜の製造で大きな存在感を示しており、経済産業省の統計によると世界市場の6割を占有し…

関連国・地域: 中国韓国シンガポール日本米国中東
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

DBS、香港の18年純益37%増=過去最高(18:07)

テイクオフ:旧正月(春節)から約2…(02/18)

18年のGDP3.2%増に減速 19年は前年下回る見込み(02/18)

18年の輸出額4%増、電子不振で伸び鈍化(02/18)

KL少年野球大会、400人の選手たちが熱闘(02/18)

陸運基本計画で政府に勧告、陸上庁の諮問委(02/18)

シンガポール航空、10~12月期は27%減益(02/18)

自転車シェアofo、要件満たせず免許停止(02/18)

通信スターハブ、18年通期は26%減益(02/18)

シンガ企業、ゲアン省に2億ドルの繊維工場(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン