【水ビジネス】膜で実績積む日系水処理企業:世界市場見据えた実験場に

人口増大や急速な工業化などに伴う地球規模の水不足を解消する手段として、水ビジネスの重要性が増している。日本企業は排水や海水から工業用水、飲料水などを製造する工場で用いられる水処理膜の製造で大きな存在感を示しており、経済産業省の統計によると世界市場の6割を占有し…

関連国・地域: 中国韓国シンガポール日本米国中東
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

FA強化へ地場メーカーに出資 三菱電機、中国市場の販路開拓(22:05)

地場メーカー、中国企業とLNG事業で提携(18:35)

シンガポール航空、医薬品輸送で欧州社と契約(18:35)

ディーゼル商用車の買替促進策、1年延長(17:26)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(21:49)

テイクオフ:シンガポールは教育熱心…(06/18)

輸出が3年ぶりマイナス幅 電子製品不振、中国向け低迷(06/18)

賃貸用工業不動産、1~3月も軟調(06/18)

18年FDI流入額、776億米ドルで世界4位(06/18)

NZ航空と航空保守大手、機体検査にドローン(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン