【11次マレーシア計画始動】生産性向上、図れるかが課題:分配重視で無策なら成長できず

第11次マレーシア計画(2016~20年)終了時のマレーシアはどのような姿に変貌しているだろうか。本連載の最後として、3つのシナリオを挙げて、マレーシアの20年の姿を予想する。共通する大前提として、世界経済に大きな混乱がないことを想定する。 第1のシナリオは、第11次計画が…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

デジタル銀行設立、10以上の事業者が検討(14:56)

テイクオフ:配車サービスで呼んだ車…(06/20)

大型3車種の19年モデル投入 文秀ホンダ、前年度の販売維持へ(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

RM=25.9円、$=4.17RM(19日)(06/20)

プロトンの新SUV「X50」、年内にも発売(06/20)

RAPID稼働で精製燃料の「純輸出国」に(06/20)

石油エンジのセルバ、カタールなどで受注(06/20)

マレーシア、タイと陸路通関を24時間体制に(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン