• 印刷する

自動車市場が活況、登録料引上げで駆込み需要

ハノイ、ホーチミン市でここ数日、にわかに自動車の売れ行きが良くなっている。両市の人民評議会がこのほど、自動車登録料やナンバープレート交付手数料を大幅に引き上げる決定を下したことを受け、駆け込み需要が盛り上がっているようだ。13日付トイバオキンテー電子版が報じた。

各種手数料の引き上げは、交通渋滞の緩和を目的としたもの。ハノイ市では8日、9人乗り以下の自動車を取得する際の自動車登録料を車両価格の12%から20%に引き上げるほか、ナンバープレート交付手数料を200万ドン(95米ドル、1米ドル=約78円)から一気に10倍にすることが決まった。

ホーチミン市も7日、現在10%の登録料を15%に引き上げることを決定。いずれも来月1日から実施される。

13日にハノイ市ランハ通りのフォード販売店で「フィエスタ」を5億1,900万ドンで購入した男性は、「各種手数料が上がる前に登録するには、すぐに購入契約を結ぶ必要があった」と話す。年明け後は登録料やナンバープレート交付手数料だけで1億2,380万ドンの出費が必要になるが、今なら半分ほどの6,428万ドンで済むため、男性が契約書類にサインしている間に、妻が手付金にする現金を引き出しに走ったという。

フォード以外にトヨタ、メルセデス・ベンツ、日産、現代などの販売店も、ここ数日で訪れる客が急増した。販売員は「これほどの客足は前例がない」と口をそろえる。

地元紙は11月末ごろまで、輸入手続きの厳格化による車両価格の上昇や景気の減速で、自動車市場は低迷が続いていると報じていた。


関連国・地域: ベトナム日本米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

新規感染2192人、前日から175人減(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

7月新車販売は前月比20%増 買い控え収束、供給制約が足かせ(08/12)

ビンファスト、EV供給難で7月販売4割減(08/12)

国営電力、強制力のある節電法整備を要請(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン