• 印刷する

セブ航空、マニラ~アモイ便の運航再開

地場格安航空最大手のセブ・パシフィック航空は、来年3月23日にマニラ~中国・アモイ便の運航を再開すると発表した。

運航スケジュールは週3便。往路は月曜日、水曜日、金曜日の午後11時20分マニラ発、翌午前1時35分アモイ着。復路は火曜日、木曜日、土曜日の午前2時25分アモイ発、同4時40分マニラ着となっている。

セブ航空は、2004年5月にマニラ~アモイ便を就航したが、その後、運航を休止。07年9月に運航を再開したものの、再び休止していた。

運航再開を記念して、同社は今月23日まで同便の片道航空券を888ペソ(約1,570円)で販売している。搭乗期間は、運航再開初日の3月23日から5月31日まで。同便の通常運賃は、片道2,499ペソからとなっている。

セブ航空のキャンディス・イヨグ副社長は、今年第3四半期(7~9月)にフィリピンと中国本土の各地を結ぶ路線の利用者が、前年同期比30%増と好調な伸びを記録したと説明した上で、今後も中国市場の開拓に注力していく方針を示した。

同社は現在、中国本土では北京、広州、上海に乗り入れている。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「きょうはもう閉店です…(08/11)

経済特区新設へ再び法案 下院で提出、大統領の拒否受け(08/11)

東南ア日本商議所、ASEAN事務局と対話(08/11)

マリタイム銀、中古貨物船を競争入札で売却(08/11)

FDI純流入、5月は64%増(08/11)

原子力特別委、下院で発足(08/11)

エネ相、発電燃料で「国産化を強化」(08/11)

化学D&L、1~6月は過去最高益(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン